23日一般解禁 10数年ぶり3桁釣果続出!!

6月23日 アユ一般解禁の日、組合調べで九頭竜川に106台そして真名川に87台の車が押し寄せ200人以上の鮎釣りファンで賑わいました。大抵の方は50匹以上の釣果でしたが、市内在住福田氏の君が代橋上流にて朝5時から108匹をはじめ多い人は100匹以上釣り上げる方が続出しました。こんな事は大野市管内では10数年ぶりです。大きさも18〜20センチで申し分ない成育です。
真名川魚道近辺、朝5時過ぎより午前8時までの時間で釣果30匹の市内在住山内氏も朝早く来た甲斐があったとのことで大満足。↓
中には大阪方面からお見えになり今回初めて鮎釣りをご主人の勧めで始め、種アユもご主人につけてもらい指導を受け真名川グラウンド近辺にて20匹以上の釣果にご満足された女性もおられました。↓

↑大きさや質も評判で中部漁協のテスター氏もお見えになり大野管内の鮎釣りを楽しんでおられました。

↓市内在住の高畑氏は真名川七板上流にて午前5時頃より2時間余りで35匹の釣果。夕方までに3桁の100匹はいけるとの事で意気込みを感じました。

↓真名川グラウンド近辺の様子
↓九頭竜川阪谷橋付近の様子

このブログの人気の投稿

8月23日 再:真名川グラウンド上流

2月1日お待ちかね雑漁解禁致しました。